お一人さま温泉旅

極上!トド寝の聖地。若栗温泉「乗鞍荘」 – お一人さま温泉旅

極上!トド寝の聖地。若栗温泉「乗鞍荘」

数多くの温泉が湧き出る白馬にて。地元のスノーボーダーの方々曰く、「湯質で選ぶなら若栗温泉」と聞き、足を運びました。間違いなく極上湯でした。湯上り後の帰り道、澄み切った青空と雪の積もった白馬連峰とのコントラストは、絶景です!

2020年02月02日
長野県(関東/中部)

メイン温泉写真

今回の旅先

長野駅からバスで白馬乗鞍まで、2時間弱。「若栗温泉」。

白馬乗鞍スキー場のまわりには、数多くの温泉が湧いておりますが、その中でも若栗温泉の湯質は本格的と評判。スノボやスキーを楽しんだ方々が、体を温めるために訪れます。

えに、多くの人たちがスキー場に向かう時間に、若栗温泉を訪れることにしました。私はまったくウインタースポーツをしませんから(笑)。

白馬乗鞍からは、小谷村の村営バスにのって若栗温泉バス停を目指すのがいちばんですが、天気がよかったので、歩くことにしました。約10分ほど。吹雪いていなければ何の問題もありません。晴れていれば清々しい白馬連峰!

乗鞍荘は道沿いに現れますので、とてもわかりやすいです。割と大きめの建物です。さすが白馬、看板も雪に埋まっています。

宿の駐車場には除雪した雪の塊がたくさんあります。

ウインタースポーツのお客さんたちとタイミングがズレているからか、駐車場には他にお客さんが見当たりません。「独泉できるかも?!」期待を胸に、扉を開けました。

温泉の紹介

豪快にあふれる続ける力強い温泉。トド寝サイコー!「乗鞍荘」。

乗鞍荘に入ると、広々としたロビーが広がっていました。地元の方でしょうか?おじいさんが一人、宿のおじさんとおしゃべりしていました。

受付でお金を払ってのれんをくぐる。

脱衣所は清潔です。シンプルに必要なものが揃えてあります。よしよし、他のお客さまは誰もいないぞ。

扉を開けると、冷えた体をもわっとした温泉蒸気が包んでくれます。広々とした浴室。自然石でできた岩風呂も、かなりの大きさです。この大きさで源泉掛け流しなのだから、湯量豊富なことが分かります。白馬の大地の壮大さを感じますね。天井からはポタンポタンと、温泉蒸気が雫となって落ちてきます。

最も贅沢なのは、石床にオーバーフローし続ける温泉!薄茶褐色の湯が、なみなみと浴室からあふれ続けています。まさに、トドのように寝そべって温泉を堪能する「トド寝」に最適!

他のお客さんがいないことをよいことに、岩風呂の縁を枕にして、1時間以上トド寝させていただきました。背中の下を温かな温泉が流れ続けていく…夢見心地〜気持ちいい〜

泉質は、ナトリウム炭酸水素塩泉。筋肉痛や冷え性に効能があります。湯自体も熱々!ゆえに浸かる時間は長くありませんでしたが、芯から冷えた体がよく温まります。

実際は薄茶褐色の湯ですが、光の加減によっては、岩風呂の色味とあいまって翡翠のような深緑にも見える?若栗温泉は力強く、そして美しい温泉でした。

ホカホカの湯上り後に見た、白馬連峰。スッキリ爽快な気分になれました!

注目グルメ

カレーも定食も、ケーキも珈琲も何でもあり☆「憩」。

白馬乗鞍スキー場リフト下にある喫茶店。スキー客の方々の、まさに憩いの場です。観光地になりますが、リーズナブルに何でも楽しめます。(漫画も用意してあります。白馬に来た方がのんびりできる仕様(笑)

「手作り感があって、喫茶店のカレーって美味しいですよね」というあの味わい。

甘い抹茶ラテで締めて、たいへん満足できました。ケーキまで行きたかったけれど、さすがにお腹いっぱい。量はしっかりめでしたよ☆

 

まとめ

白馬の壮大さを、温泉と絶景で体感!気分一新したい方へ

白馬連峰に湧く若栗温泉を、日帰りで堪能できる「乗鞍荘」。湯質も湯量も浴室も、大自然の豪快さを全身で感じられるものでした。もう一つ、湯上り後の絶景もとってもオススメ!グチャグチャと溜まっていて、気分をスッキリ一新したい方には、サイコーの温泉旅になると思います。

宿泊料金・アクセス方法

若栗温泉「乗鞍荘」大人600円/長野駅から約2時間

●日帰り温泉 大人1050円

●営業時間

9時〜20時

●休日 年中無休

●住所 〒399-9422 長野県北安曇郡小谷村大字千国乙5506−1

●電話 0261-82-3073

関連記事

関連記事写真

極上!トド寝の聖地。若栗温泉「乗鞍荘」

関連記事写真

白い花に、祝福された。倉真赤石温泉

関連記事写真

あぁ、ふるさと、絶景。馬曲温泉「望郷の湯」

関連記事写真

空を一人占め、高台露天。/雲見温泉「かわいいお宿 雲見園」