お一人さま温泉旅

尋常じゃない泡づき。/七里田温泉「下湯(ラムネの湯)」 – お一人さま温泉旅

尋常じゃない泡づき。/七里田温泉「下湯(ラムネの湯)」

炭酸泉にはいくつか入ってきましたが、「七里田温泉は日本一」という噂を聞き、いつか体感したいと思っていました。そして6月末、大分出張発生。満を持しての、一人温泉旅です!

2017年07月02日
大分県(四国/九州)

メイン温泉写真

今回の旅先

秘湯好きも納得!日本一の高濃度な炭酸泉。「七里田温泉」。

東京から約1時間半。大分空港に降り立ち、高速バスにのって大分駅へ。さらに竹田市のコミュニティバスにのって、約2時間半(一日2本しかないありません!)。長湯温泉の観光協会前に。お一人さま温泉旅の中でも、なかなかハードな行程です(笑。

七里田温泉「下湯」

七里田温泉は、そこからタクシーで10分ほど進んだ、小川流れる山裾の風景にたっています。

七里田温泉「下湯」

長湯温泉も、ラムネの湯をはじめ炭酸泉として有名ですが、七里田温泉はそれ以上とうたわれていることもあり、駐車場には、観光客の車がひっきりなしに出たり入ったり。

七里田温泉「下湯」

七里田温泉「下湯」

温泉の紹介

瞬間、全身泡だらけ!額にはすぐ、うっすら汗。「下湯(ラムネの湯)」。

休憩所もある建物で受付をすませ(500円)、下湯の鍵をもらいます。

七里田温泉「下湯」

七里田温泉「下湯」

温和そうな女将さんによると、私がいった時には、すでに7名の方が入っていると!「小さな湯船だけど、臆さず、気にせず、入ってね〜」とおっしゃってくださいましたが、休憩所で少しタイミングをずらして、入ることに。

七里田温泉「下湯」

建物の外に出て、50mくらい、少し坂を下ったところに、下湯はあります。別名ラムネの湯。どれだけシュワシュワなんだろう。

七里田温泉「下湯」

七里田温泉「下湯」

簡素な建物の看板には、七里田温泉は、弥生時代から沸く温泉と書いてあります。弘法大使が発見した温泉や、秀吉が発見した温泉はよく聞きますが…弥生時代は初めて聞いたかも!

七里田温泉「下湯」

七里田温泉「下湯」

簡素な脱衣所で服を脱ぎ、いざ扉をあけると…

七里田温泉「下湯」

七里田温泉「下湯」

強烈な温泉成分の証拠となる、赤茶けた浴槽と床。鉄分とカルシウムを含んだ、炭酸水素塩泉です。

七里田温泉「下湯」

そして、目でみて分かるほどに、無色透明の湯の中で、小さな気泡が無数に浮かんでは、パチパチはじけているではありませんか!

七里田温泉「下湯」

七里田温泉「下湯」

かけ湯をし、そっと入浴。源泉温度は37度。初夏には、とっても気持ちがいい温度。加温も加水もしないから、入った瞬間、一気に全身に泡だらけ。

七里田温泉「下湯」

ぜんぜん熱くない温泉なのに、すぐに額にうっすら汗が…。自噴する炭酸温泉の効果により、血管が開いている証拠でしょうか。こんな体験は初めてです!

七里田温泉「下湯」

皮膚上に、どんどん溜まっていく泡を見るのも楽しいし、耳元でパチパチはじける音も心地よい。思わず目をつむって寝てしまいそう笑。

七里田温泉「下湯」

一方、高濃度な炭酸泉のため、二酸化酸素も同時に多く含んでおり、喚起は必須!(「危険な温泉ワースト3」に選ばれたこともあるそう)。念のため、しっかり喚起できているか、確認した方がいいかもしれませんね。

七里田温泉「下湯」

七里田温泉「下湯」

人気秘湯ということもあり、お一人の入浴時間は60分。気づいたら一人、独泉状態。しっかり堪能し、爽快な気分で、七里田温泉を後にしました☆

七里田温泉「下湯」

七里田温泉「下湯」

注目グルメ

丸ごとカニ天ぷら!「天風庵のガニ湯うどん」。

温泉後は、お腹が減ったので、長湯温泉にまで戻り、「天風庵」というお食事処に入りました。そこは、長湯温泉の中でも有名な、ガニ湯のまんま前!

ガニ湯うどん

カニを丸ごと揚げた天ぷらを、濃いめのうどん汁とあわせた「ガニ湯うどん」が名物。わかめたっぷり、海藻の塩気もあいまって…ちょっと海を連想させる味わいでした。

ガニ湯うどん

観光ポイント

とくに女性は…苦笑。ハードルの高い温泉「ガニ湯」。

七里田温泉から、長湯温泉に戻る。芹川沿いにあるこちら、開放感が半端ないガニ湯も有名な炭酸温泉の一つです。無料の露天風呂で、一応、水着は着てもいいそうですが苦笑。

ガニ湯

ただ今回、残念ながら雨量が多く、下に降りることさえできませんでした〜。また来る理由ができたと思って☆

ガニ湯

まとめ

希少価値の高い炭酸泉。頑固な肩こりも治りそう☆

ちょっと同様の泡づきは、他の温泉ではなかなか味わえないのではないでしょうか。帰ってきたばかりですが、今またもう、入りたい。毎日入浴できたら、頑固な肩こりも治りそう笑。やみつきにさせる泡心地でした☆

宿泊料金・アクセス方法

大分駅から約2.5時間/長湯温泉観光協会からタクシーで10分。

【七里田温泉「下湯」(共同湯)】

●営業時間(露天風呂)9時〜17時

●料金 大人500円

●定休日 火曜日

●住所 大分県竹田市久住町大字有氏七里田

●電話番号 0974-77-2686

関連記事

関連記事写真

マイナスイオンと湯の協奏曲。/堀田温泉「夢幻の里 春夏秋冬」

関連記事写真

ミルキーブルーの楽園。/明礬温泉「岡本屋」

関連記事写真

尋常じゃない泡づき。/七里田温泉「下湯(ラムネの湯)」

関連記事写真

しょっぱすぎる美人湯。/佐伯の海水風呂「塩湯」