お一人さま温泉旅

閉鎖をまぬがれて、今。/湊山温泉 – お一人さま温泉旅

閉鎖をまぬがれて、今。/湊山温泉

兵庫といえば、有馬、城崎。しかしじつは街中にも、地元の方々に愛され続ける、銭湯タイプの温泉があります。早速、お一人さま温泉旅してきました☆

2016年05月24日
兵庫県(近畿/中国)

メイン温泉写真

今回の旅先

奇跡の復活劇をとげた、温泉銭湯です。

開湯は平家時代から。平清盛も浸かったと言われる、創業78年の湊山温泉は、神戸市内の住宅街の中にあります。

利用者の減少から、2015年に一度は閉鎖が決まりましたが、ある静岡の会社の社長さんが、湊山温泉の湯の素晴らしさに感動し、運営を引き継ぐことに!そんな復活劇のおかげで、今日も湯を享受できるのです。

 

温泉の紹介

微量の炭酸ガス。こんな手軽に天然温泉!?

施設は本当に、銭湯の雰囲気。マッサージ椅子やテレビの前は、おじちゃんおばちゃんたちのリラックススペースになっていました。

680円を払って、いざ、湯船へ!

湯に入った瞬間、感動。温泉が、しっかり濃いのが分かるんです。こんな上質な天然温泉を、秘湯に行かずとも、徒歩数分で入れるなんて、贅沢すぎる。地元の方々がうらやましい!

無色透明ですが、時間が経つと茶褐色に変わる、泡立ち心地よ〜い炭酸泉。湯船周辺の床を見れば、一発で、成分の濃さが分かります。源泉は29度。浴槽の温度は5種類もあり、冷・温の交互浴を楽しめます。毎日続けたら、健康になれそう。

湯から上がって再びロビーへ。ふと柱を見たら、昔の湊山温泉の写真が。長年、地元の方々の日常に根付いていたことが分かります。

利用者の減少、跡継ぎ問題、湯質・地質の変化など、いろんな問題を抱えて、閉鎖していく温泉が増えていますが、イチ温泉ファンとしては、勝手ながらも、なんとか続けほしいなぁと願ってやみません。

注目グルメ

約9割が湊山温泉の常連。きしめん「かどや」。

湊山温泉をでて、徒歩15秒。もう50年以上、この温泉とともに歩み、同じく地元の方々に支えられてきたお店があります。それが「かどや」さんです。

名古屋の麵を使った、神戸ではめずらしいきしめん屋さん。お店の扉をあけると、ぶわっと出汁の豊潤な香り。事実、めちゃめちゃ出汁が美味しかった!炊き込みご飯とのセットは、たったの650円。立寄必須スポットですよ☆

注目グルメ2

ガッツリいきたい派なら、「神戸トルコライス」。

トルコライスと言えば、長崎ですが、じつは湊山温泉の近くにもあるんです。トンカツとライスとミートソースとスパゲッティのバランスが、最強にいい!計算しつくされているのが分かります。通いたくなりますよ☆

まとめ

おひとり出張の際は、ぜひ足を伸ばして。

ふと神戸に寄る用事ができたなら、湊山温泉を思い出してください。温泉好きなら、間違いなく「足を伸ばしてよかった!」と思えます。

宿泊料金・アクセス方法

新神戸駅から、タクシーで約15分。「湊山温泉」。

【湊山温泉(日帰り温泉)】

●住所 神戸市兵庫区湊山町26−1

●営業時間5時〜22時30分(最終受付22時)

●水曜日定休

●料金 大人680円(朝5時〜7時までは500円)

/中学生430円/小学生230円

●電話 078−521−5839

●湊山温泉

 

【電車アクセス】

①東京→(東海道新幹線のぞみ)→②新神戸→(タクシー15分)→③湊山温泉

関連記事

関連記事写真

休憩スペース、国宝級。/「北白川不動温泉」

関連記事写真

お殿様に愛された。/奥津温泉「奥津荘」

関連記事写真

キュンとする絶景露天。/はぎ温泉「萩観光ホテル」

関連記事写真

レトロネオンの郷愁。/長門湯本温泉「恩湯」