お一人さま温泉旅

旅したくなる本 – お一人さま温泉旅

旅したくなる本 読んだら旅に出たくなる。旅行鞄に入れたくなる。そんな本をピックアップしました。

「日本奥地紀行」イザベラ・バード

2020年05月13日

明治は文明開化の頃。イギリスの女性探検家イザベラ・バードが、横浜→日光→会津→新潟→山形→秋田→青森→そしてアイヌの暮らす北海道までを、3ヵ月間かけて歩いた紀行文。未踏と言われた日本奥地の景色や暮らし、文化、貧困の様子が、とても細かく丁寧に描かれていて興味深いです。分厚い本ですが、あっという間に旅が終わってしまいますよ!

本写真

日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー)を購入する

温泉批評2019

2018年11月23日

遅くなったーその分、がっつり読みました。カラー版となって生まれ変わった温泉批評。覆面取材十六番勝負、と題し、編集長をはじめ温泉プロの方々が、宿のよいとこ残念なとこ、ヨイショなしで紹介している信頼できる一冊でした!

本写真

温泉批評 2019 (双葉社スーパームック)購入する

「花嫁化鳥」寺山修司

2018年10月28日

大神島の風葬、犬神の呪い、青森のキリストの墓(私も見に行ったことがあります)など、日本各地にある不可思議な伝承、奇習を寺山修司が巡りながら、日本人の深層に迫る一冊。日本はユニークで面白い国です。今すぐどこかに行きたくなります、世界を確認しに

本写真

花嫁化鳥 (中公文庫) 購入する

+もっと見る