お一人さま温泉旅

神さまの交互浴。/毒沢鉱泉「神乃湯」 – お一人さま温泉旅

神さまの交互浴。/毒沢鉱泉「神乃湯」

泉名と宿名を見て、たじろぐ。「毒?神?宗教色が強いカンジ…?」。怖いもの見たさで一人、挑戦してきました。そこは、溜まった疲れや心の汚濁を浄化してくれる、霊験あらたかな宿でした☆

2016年10月22日
長野県(関東/中部)

メイン温泉写真

今回の旅先

諏訪湖を背に、山を登る。日本三大酸性泉「毒沢鉱泉」。

新宿から特急あずさで、下諏訪駅へ。駅からはタクシーで。諏訪大社のお膝元として栄えた宿場町を抜けて、山を登る。空気が、よりすがすがしく感じられるようになった頃、毒沢鉱泉のお宿が数軒、見えてきます。

毒沢鉱泉「神乃湯」

毒沢鉱泉「神乃湯」

歴史は古く、武田信玄の隠し湯として親しまれてきました。橙色の湯が特徴の冷鉱泉で、ph2.4。日本三大酸性泉と言われています。

毒沢鉱泉「神乃湯」

毒沢鉱泉「神乃湯」

本日のお宿

修験道行者の血を継ぐ、宿主のおもてなし。「神乃湯」。

杉や紅葉した木々に囲まれ、山間に隠されるように、毒沢鉱泉「神乃湯」は建っています。玄関へ入ると、さっそく神棚。手をあわせて一礼すると、気持ちがすーっと落ち着きます。

毒沢鉱泉「神乃湯」

毒沢鉱泉「神乃湯」

館内の照明は基本的に薄暗く、厳かな雰囲気を保っています。いたるところに神さまがまつられており、まさに神社にいるような気分です。

毒沢鉱泉「神乃湯」

毒沢鉱泉「神乃湯」

寡黙なご主人は4代目。ご先祖さまは修験道行者だそうで、こちらが悪いことをしていると、一瞬で見破られてしまいそうな、鋭い雰囲気を感じました。

毒沢鉱泉「神乃湯」

毒沢鉱泉「神乃湯」

お部屋はいたってシンプル。テレビを置いてくれていることが、意外に思えてくるほど、余計なものがありません。湯治のお宿ですね、予算を抑えたい一人旅には、ちょうどよいかも。窓からは、大きなイチョウの木が見えます。

毒沢鉱泉「神乃湯」

毒沢鉱泉「神乃湯」

温泉の紹介

源泉と橙色の加温湯。交互浴でシビれる。

宿の先代は、医療に見放された際、ここ毒沢鉱泉によって体を癒すことができたと言います。その効能が評判となり、今でも全国から湯治に訪れる方がたくさんいます。

毒沢鉱泉「神乃湯」

毒沢鉱泉「神乃湯」

青々と茂る杉の木が発する、凛とした空気を感じながら、通りを渡って湯小屋へ。清潔感のある脱衣所で、女性一人でも気後れせずにすみます☆

毒沢鉱泉「神乃湯」

毒沢鉱泉「神乃湯」

入り口をあけると、杉の木が湯面に反射した、橙色の鉱泉がお目見え!底が見えないほどの濁り湯に、テンションがあがります。体を浸すと、グッと熱い。こちらは秋用にしっかり加温されています。

毒沢鉱泉「神乃湯」

毒沢鉱泉「神乃湯」

重要なのは、ちょろちょろと湧き落ちる、右側の源泉風呂。あれ、こちらは透明?じつは毒沢鉱泉は、加温されると濁るという、不思議な湯質をもっています。源泉は12度で、足を入れるだけで、「ヒャッ!」と体が縮こまる冷たさ。そこをグッと我慢して浸かるのです。

毒沢鉱泉「神乃湯」

毒沢鉱泉「神乃湯」

我慢ならなくなったら、加温した濁り湯へ!その瞬間、緊張していた体が、ビリビリビリッとシビれて、瞬間、脱力状態に。このビリビリッを繰り返すと…どんどん体が重たくなっていきました。「え〜逆効果じゃないの〜」と思っていたら、よく朝、疲労感がスッキリサッパリ!本当に、驚きました。

毒沢鉱泉「神乃湯」

毒沢鉱泉「神乃湯」

お宿ごはん

体によい食材でお腹を満たす。濁っていた体内に変化!

神乃湯さんの夕飯は、今どきの宿では体験できない満足感が味わえます。大きなザルの上に、サーモンをのせた大量のタマネギサラダ、イワナ、茄子のおひたし、腑の煮物、水菓子など、修験道者の方の料理を彷彿とさせるディッシュ。お手製のそばもついてきます☆

毒沢鉱泉「神乃湯」

正直、「足りるかな…」なんて思っていたのですが、取り越し苦労。しかも、これだけ体によいものでお腹を満たすと、たった一食ですが、濁っていた体内が、美しく変わっていくような気がしました。ぜひ一度、体験してほしい温泉宿ごはんです。

毒沢鉱泉「神乃湯」

夜、読書室で本を読んでいたら、宿のご主人が言葉少なげに、サッとおすすめ本を手渡してくれました。自分の心身と向きあうには、最適な時間を得られるお宿です☆

毒沢鉱泉「神乃湯」

毒沢鉱泉「神乃湯」

注目グルメ

行列!独特スープがやみつきに。「ハルピンラーメン」。

信州と言えば、蕎麦かなと思っていました。しかし、調べてみると、地元の人たちが愛して止まない独特な味わいの「ハルピンラーメン」の評価が高い!信州の老舗ラーメンチェーン店に、行ってみました。

ハルピンラーメン

確かに!まったく他で味わったことがない、不思議なラーメンです!醤油でもないし、塩でも豚骨でもないし、ええ、これは何!?ピリ甘辛く、味噌っぽい感じだけど…そんな単純な味ではありません。だけど、とにかく旨い!信州を旅する際は「ハルピンラーメン」を、ぜひ思い出してください☆

ハルピンラーメン

観光ポイント

日本最古の神社と言われる、「諏訪大社」。

全国には一万以上もの分社を抱える、諏訪大社。風と水を司る信仰が著名で、下諏訪には、春宮と秋宮があります。信州を旅するなら、一度は見ておかないと。

諏訪大社

過激な祭りとしても知られる、御柱祭りも有名ですね(残念ながら、私はまだ見たことがありません)。7年に一度ですから。いつか見る機会を作りたいと思っています。

諏訪大社

観光ポイント2

あの岡本太郎が驚いた!「万治の石仏」。

高さ2メートル60センチ。横幅3メートル80センチ。ドンと居直るように存在感を示すこの仏像、じつはまだ制作途中の状態です。ノミを入れた瞬間、血が流れ、怖くなり手が出せなくなったとか。

万治の石仏

しかし、その状態を見た画家の岡本太郎が、この仏像を絶賛!評判が評判をよみ、諏訪の名物仏像となりました。この不器用な風貌、私は好きです☆

万治の石仏

観光ポイント3

歩けば、秋風にコスモスが揺れる。「諏訪湖」。

長野の諏訪といえば、諏訪湖です。海のように広く、爽快感があります。周辺を歩くと、ちょうどいい運動になります。気持ちのよい秋風に吹かれながら、ぜひぜひ☆

諏訪湖

まとめ

疲労オフ。心身とむきあう、一人旅の真骨頂。

毒沢鉱泉に浸かることで、仕事で溜まっていた疲れを癒すことができ、また、歴史ある大社や諏訪湖を目の前に、気持ちのよい風に吹かれることで、心からリフレッシュすることができました。一人温泉旅、思っていた以上に、よい時間を過ごせましたよ☆

宿泊料金・アクセス方法

1泊2食、約1万3千。新宿から約2時間半。

毒沢鉱泉/神乃湯

●住所 長野県諏訪郡下諏訪町社7083

●電話 0266ー27ー5526

 

【電車アクセス】

①新宿→(特急あずさ)→②下諏訪→(タクシー約15分)→③神乃湯

関連記事

関連記事写真

ショートトリップで、絶景露天!/今井浜温泉「舟戸の番屋」

関連記事写真

温泉読書の宿。/田沢温泉「ますや旅館」

関連記事写真

息が止まるほど、激熱。/湯河原温泉「ままねの湯」。

関連記事写真

その雪見露天、圧巻。/新穂高温泉「槍見館」