お一人さま温泉旅

明治時代の病院にあり。/底倉温泉「函嶺」 – お一人さま温泉旅

明治時代の病院にあり。/底倉温泉「函嶺」

お一人さまにオススメの貸切露天です。明治に開設された、温泉療法を兼ねた「函嶺医院」。今はもう閉院しましたが、温泉はこんこんと湧き続けています☆

2016年05月01日
神奈川県(関東/中部)

メイン温泉写真

今回の旅先

箱根十七湯のひとつ。隠れ家的な「貸切露天風呂」。

箱根湯本から登山鉄道で、宮ノ下へ。大通りから奥まった静かな場所に、底倉温泉「函嶺」はあります。建物は、大正時代に建てられた医院を活用しています。

外観だけでなく、受付や待合室など、中の雰囲気もそのまま。ここで700円を支払えば、日帰り貸切露天風呂が、たっぷり1時間楽しめます☆

温泉の紹介

さやさや竹林の音に包まれながら、名湯を独り占め☆

脱衣所から扉をあけた瞬間、竹林に囲まれた隠れ家的な露天風呂。こんな空間を独り占めできるなんて、お一人さま冥利につきます!

サラッとした肌触りの弱塩泉。無色透明の源泉掛け流し。ビリッとくるほど熱い湯は、上半身を風に吹かせた、半身浴が心地いい。

風がなびく竹の葉と、湯が流れる音が響いて、たまらなく贅沢な時間です。じんわり汗をかきながら、出たり入ったり、温泉読書を楽しみました。

湯上がり後も、体の芯までポカポカ。さすが、温泉療法にも活かされていた名湯です。プライベートな空間で堪能できる、秘密にしたいほどの完璧な温泉でした♨︎

注目グルメ

箱根の山を眺めながら。自然薯料理「山薬」。

医院の温泉で体を休めたら、美しく体を整えてくれる自然薯料理。こだわりの麦めしに、自然薯のとろろをたっぷりかけて。

窓から見える山々の美しさにも、心がすーっと穏やかになれました。

まとめ

ぼんやり考え事、読書。穏やかに過ごしたい休日に♨︎

700円で、名湯に浸かりながら、1時間。自分と向きあう、問答のような温泉時間を過ごすのも、たまにはいいかも。時間に追われて疲れたら、フラッと日帰り温泉したいと思います☆

宿泊料金・アクセス方法

「函嶺」1時間貸切700円/都心から約2時間。

【函嶺(日帰り温泉)】

●営業時間10時〜18時

●不定休

●料金 大人700円 子供500円/1時間貸切

(事前の問い合わせ、予約がベターです)

●電話 0460−82−2017

 

【電車アクセス】

①東京→(JR東海道本線・快速)→②小田原→(箱根登山鉄道・箱根湯本行き)→③箱根湯本→(箱根登山鉄道・強羅行き)→④宮ノ下駅から徒歩10分

関連記事

関連記事写真

ショートトリップで、絶景露天!/今井浜温泉「舟戸の番屋」

関連記事写真

温泉読書の宿。/田沢温泉「ますや旅館」

関連記事写真

息が止まるほど、激熱。/湯河原温泉「ままねの湯」。

関連記事写真

その雪見露天、圧巻。/新穂高温泉「槍見館」